美容整形、どうして日本では気にする人が多いのでしょう?

同じアジアでも中国や韓国では当たり前

最近、マスコミから流れるニュースなどで広く知られているようですが、お隣の韓国や中国では、若い女性を中心に美容整形手術はかなり一般的なものになっています。街のあちこちに美容整形クリニックがあり、広告や宣伝もいろんなところで見かけます。美容整形の手術を受けることに、ほとんど抵抗感がないということがうかがえます。経済が発展し、生活に余裕ができてきたことも関係があるかもしれませんが、もはや美容整形は一部の人に限定された珍しいことではなくなったようです。

古今東西、美を追求するのは女性の特権!?

そもそも、古代エジプトの時代から一種の美容整形が存在したという説があるように、文明が栄えると同時に、女性が美を求める動きが始まるのかもしれません。つまり、洋の東西を問わず、女性が美を追求するのは、むしろ自然なことだといえるのではないでしょうか。ほとんどの女性がお化粧をしたり、おしゃれに興味があるのも、美しくありたいという一種の本能から生まれている行動ともいえるのでは。そう考えると、美容整形も、美を追求する女性の当然の権利だといっても差し支えないのかもしれませんね。

もしかしたら、心理的な差別かも?

身体髪皮は親から受けたものなので、あえて傷つけないのが親孝行の始まりという古い言葉があります。日本人の場合、外から閉ざされた島国の中で独特の文化が育ったため、古い東洋思想の一部が今も社会の中に残っているのかもしれません。現在、美容整形を取り巻く環境は、その医療技術や医薬品の開発などによって、劇的に進歩しています。もはや、ファッションの一部として普及してもいいレベルまで来ているそうです。にも拘わらず、未だに、美容整形手術を受けることにためらいや戸惑いを感じる人がいるのなら、それはもしかしたら周囲から受ける一種の心理的な差別といえるのかもしれません。フィットネスでのトレーニングやネイルアートと同じように、みんなが気軽にアプローチできるようになるのが理想ではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみは、肌が薄い部分であるため色素が沈着しやすく、なりやすいのです。日々の刺激をなるべく避け、下着類もコットンや絹といった素材がいいでしょう。