心臓病を未然に防ぐためには!心臓病の前兆とは

突然襲ってくる心臓病

心臓病という病気は、ほとんど何の前触れもなく、ある日突然発生する病気です。多く生活習慣の乱れなどが原因となる心臓病ですが、本人には気づかれるのところで着々と進行していることがあるというところが、この病気の厄介なところですね。とはいえ突然発生することが多い心臓病ですが、まったく何も兆候がないというわけでもありません。心臓病の兆候を見極めることができれば、心臓病を未然に防ぐことも不可能ではないのです。

胸に軽い痛みが発する場合

心臓病の前触れとしては、たとえば胸に軽い痛みがある場合などは危険かもしれません。心臓病の兆候として、軽度の胸痛のあとに発症するということが多いのです。胸が痛いなと思ったしばらく後に、心臓病が襲ってくるというケースがたくさんあるんですね。とはいえ、胸痛は人それぞれ感じ方が違ってくるものです。たとえば刺すような痛みを感じる人もいますし、また締め付けられるような痛みである場合もあります。なので、胸に何らかの痛みがある場合は、心臓病を疑って、早めに医者に相談をした方が良いかもしれませんよ。

不整脈と心臓病の関係

一般的に、不整脈と心臓病はそれほど関係性が薄いと言われています。しかし過去に心臓病を患ったことがある人の不整脈については、少し事情が違ってきます。その実、心臓病が原因となる不整脈も、少ないながらも存在するからです。不整脈は、とりわけ心筋梗塞の前触れとして発生したりすることがあるので、注意が必要です。それから、動悸も心臓病と無関係ではないと言われています。動悸は基本的には神経系の異常によるものなのですが、あまりにもひどい動機の場合は心臓に何らかの異常がある場合も考えられます。その時は注意していた方が良いかもしれません。

大動脈弁狭窄症は、発見が遅れると深刻な結果を招きかねません。定期健診では発見しにくいので、人間ドッグなどの精密な検査が必要です。